毛穴汚れを根こそぎ吸着!?

よか石鹸,よか石けん

 

よか石鹸と言えば「もっちり泡」と「毛穴汚れに強い!」ってイメージですよね?

 

しかも、新「よか石けん」にリニューアルされてますますその吸着パワーがUPしているのだとか!

 

☆さっそく体験者のリアルボイスを聞いてみましょ〜う☆

 

GOOD ○ POINT

  • 泡立ちはスゴイです。弾力のあるいい泡ができます。
  • おまけの泡立てネットを使用すると驚くほどの泡がでます!
  • 鼻の穴がふさがれると息できないくらい濃密でしっかりした泡です。
  • 少量・短時間でモコモコのちょっと固めの泡ができます。
  • 洗い上がりはスッキリするけど、ツッパリなしという使用感です。
  • 毛穴の黒ずみも皮脂汚れも全部落ちるのに全然つっぱらない!
  • 小鼻のざらつきが改善されました♪
  • 少量でOKなのでコスパも非常にいいです。
  • 1回の分量は小指の爪くらいでも十分過ぎるくらいの泡がたちますので、1個で相当もちそう。
  • 新商品はさらに粒子が細かくなってクリーミィになってます。
  • BODYにも使用しています。全身明るくなってきています☆
  • 洗浄力が素晴らしく、化粧のりがすごく良くなりました。
  • 顔色がワントーン明るくなり、毛穴の黒ずみも気にならなくなりました♪
  • この洗顔を使い始めてから鼻パックが必要無くなりました。

 

BAD × POINT

  • 毛穴の汚れの吸着はイマイチ効果が実感できません。
  • いたって普通の洗顔料ですね。
  • 白くなる感じもなく、刺激が強いのか洗った後ヒリヒリしました。
  • ニキビにも効果は感じられないし、特に肌がモチモチすることもありませんでした。
  • 肌の潤いまでも洗い流された感じがして、サッパリしすぎ。
  • 肌が乾燥するようになってしまいました。粉ふきも…
  • 使用して2ヶ月ですが、ザラザラ感や油汚れが残りまくりです。リピなし。
  • 目に入ると、目を傷つける恐れがあるとか。。。
  • もうちょっと安くなればなぁ…と思います。

 

★まとめ評価★

泡立ちの評価は非常に良いみたいですね。固めのしっかり濃密な泡ができるようです。コスパも◎。洗い上がりはサッパリ。これは好みかも。でも乾燥肌の人には不向きなのかな。肝心の効果のほどは、かなり個人差があるようです。

 


よか石鹸の特徴 〜他の石鹸と何が違う?〜

よか石鹸,よか石けん

よか石鹸の1番の特徴と言えば火山灰シラスですね。

 

火山灰シラスとは…
約2万5千年前の火砕流が堆積し、長い年月をかけ自然にさらされ、アクが抜け自然のミネラル成分を多量に含んだミネラルパウダーになったものです。この火山灰シラスは毛穴に入り込んで汚れを吸着する働きがあるので、黒ずみや皮脂汚れをスッキリ落とすことができるんです。

 

新しい「よか石鹸」は吸着性に優れた火山灰シラスをさらに微細化。これにより毛穴汚れへの接触面積が増え、今まで以上に汚れをしっかり吸着します!さらに泡立ちも今まで以上に滑らかで濃厚に♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 


ジャーかチューブか?

よか石鹸にはジャータイプとチューブタイプの2つのタイプがあります。成分は同じなので、洗浄力・泡立ちともに変わりないですが、テクスチャーは、ジャータイプの方が固めです。今回はこのタイプ別の使い勝手に関する口コミを集めました☆参考になさってくださいね☆

 

【配合成分】 医薬部外品 無添加

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム その他の成分:精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

 

ジャータイプ

メリット

  • 固めのテクスチャーのせいか、少量でもすごく泡立つ!
  • 幅広の口なので、中身が取り出しやすい。
  • 最後の最後まで無駄なく使える。
  • 残量が見える。

デメリット

  • テクスチャーが固くて(粘土みたい)最初は使いにくい。
  • お風呂場で濡れた手で使うと、中身がドロドロに。
  • 回転式のふたの開け閉めが面倒臭い。

 

チューブタイプ

メリット

  • 濡れた手でも気兼ねなく使える。
  • 溶け残りもなく泡立ちが早い!

 

デメリット

  • 最後の方になると中身が取り出しにくい。
  • ジャータイプよりも減りが早いような…